Teheiura Teahuiは、フランス領ポリネシアに生まれ、幼少期をタハア島(愛称:バニラアイランド)で過ごしました。20歳でフランス本土のモンペリエ大学スポーツ科学部で学習した後、食の世界で活躍し、2006年にはセットで調理師免許を取得しました。

 

冒険家であり、Le Manatoaのフードトラックシェフ

2011年、Teheiuraはフランス版サバイバーの「Koh-Lanta: Raja Ampat」でインドネシアの冒険家の役を引き受けました。ポリネシア人であるTeheiuraは、その運動能力、サバイバルスキル、そして決勝戦に至るまでの試練における尽きることのない決意で観客に感動を与えました。2012年にはカンボジアのゲームショーの特別版「Koh-Lanta: The Revenge of the Heroes」に参加。その後、2014年には「The New Edition」に、2020年には再び「Koh-Lanta: The Island of Heroes」に出演しました。

また、2013年には「Fort Boyard」、2016年にはTF1の「Ninja Warrior」など、他のテレビゲーム番組にも参加しています。2017年と2018年にはTélétoon+でキッズアドベンチャー番組「Ecole Aventure」の共同ホストを務め、2020年にはゲーム番組「Boyard Land」と「DistrictZ」の撮影に参加しました。

その間、料理本『Aventure culinaire(料理の冒険)』、自伝『Aventurier dans l’âme(根っからの冒険家)』(Au vent des îles社)を出版しています。

また、Teheiuraはフードトラック「Le Manatoa」で様々なイベントやフェスティバルに出向き、異国情緒あふれるシェフの料理の味を紹介しています。彼の代表的な料理、それはタヒチ風の刺身。本物のご馳走です!

急成長しているコミュニティに参加しましょう